Diary of bicycle life

2007年 12月 08日 ( 1 )

君に

純粋な思いだけで走り続ける勇気
もう少しで手に入れられたか
あと少しこの手を伸ばせば届いたか

でも僕には出来なかった
出来るはずはなかった
考えないふりをしていても
見えないふりをしていても
最初からわかっていたのかもしれない
そんなこと

言葉だけならば
いともたやすく何とでも言える
ものすごく簡単にね
そしてそれを本気だと錯覚する

そうじゃない
たとえ本当の思いだったとしても
言葉だけが走っていく
そんなものは所詮
自己陶酔と自己満足

叶えられない言葉は嘘

目に見える現実と変わらない事実だけが今の真実

君は先に走らせてしまったその言葉にいつの日か追いつけるかい

君はその言葉が叶えられると信じて待ち続けることが出来るかい

c0064469_1575963.jpg

永遠と続く長い直線の向こうに
出口の見えないコーナーの向こうに
脚が止まるほどの急な登り坂の向こうに
コントローラブルな下り坂の向こうに
たくさんの分岐点
そしてその別れ道の向こうに

求めている答えはみつけることができるかな
選んだその道は正しかったのかな







忘れたくないことも
忘れたいことも
記憶は少しづつ曖昧になっていく
人は忘れていく生き物

だけど今まで過ごしてきたすべての時間
その中で経験したことのすべてがこれからの僕らを作っていく

時にはまっすぐに強く自分を貫けばいい
時にはやさしく弱く誰かに流されてもいい

だけど
大事なことは
自分を見失わずに
自分に正直に
そして何より
大切なものを裏切らないようにすること
いつだってそれだけは忘れてはいけない

この胸の強烈な痛みはいつか消えていってしまう
だけど痛かったという事実を僕は絶対に忘れない

この地球上で君に出会えた奇跡
神様に感謝しよう

昨日までの僕らに
ありがとう
そしてさようなら

もっともっと強くなろう
弱い自分に勝ってやろう

だから僕は走りつづけるんだ
苦しくて立ち止まっても
何かにつまずいて転んでも
何度でも歯を食いしばり前を見る
まっすぐなやさしい気持ちも
抱え込む矛盾する思いも
すべて受け入れて走り続けるんだ

そうしなければすべてが無意味なものになってしまうから
そしてそれが生きていくということだと思うから

またいつか笑って君に会えるその日のために・・・
[PR]
by kaazzu937 | 2007-12-08 15:07 | ◆memorandum