Diary of bicycle life

2009年 03月 10日 ( 1 )

彼は・・・

今朝のJITE2 水戸街道
金町を過ぎたあたり
中川を渡る手前で急に車の流れが止まった
何やら普通の渋滞とは違う感じ・・・

事故かな?

そう思って歩道から先へ進むと やっぱり事故
救急車 パトカー レスキュー隊
現場は物々しい空気で包まれていた
車線の中央付近に10tくらいのトレーラーが停車していて
その横には400ccくらいのバイクが横倒しに
歩道には10人ほどの野次馬がいて 
みんなが険しい表情で同じ方向を見ている

何か嫌な予感はしたんだけどみんなの視線の先を目で追うと
そこにはバイクに乗っていたであろうライダーが横たわっていた

トレーラーのタイヤの下敷きになってた
背中が変なふうに潰れてた
ヘルメットは被ったまま その彼はピクリとも動いてなかった

彼は・・・
死んでしまったのかな?

僕がその場所を通過するほんの数分前の出来事だったはず
何がどうしてそうなったのかは わからないけど
彼はタイヤの下敷きになってた
トレーラーのあのデカいタイヤだよ
一瞬でも痛みは感じたのかな

バイクから身体が離れ
車道に叩きつけられ
タイヤに巻き込まれるまでのほんの数秒
彼は何かを思ったのかな
家族のこと?
恋人のこと?
明日のこと?

事故はダメ
絶対にダメだ

人生 何があるかなんてわからないけど
危険を回避する術 その確率を下げる術は必ずある
どんなに自分が気をつけていても・・・という時もある
でもね 今一度 考えてみようと思う
明日はわが身と思おう 
[PR]
by kaazzu937 | 2009-03-10 21:52